Codex

PmWiki supports internationalization of web pages, allowing accented characters to appear in page names and almost complete customization of PmWiki's prompts. Most customization is provided via the XLPage() function in PmWiki, which loads a set of translation variables from a wiki page (typically named XLPage, but it can be named anything you wish).

PmWikiはウェブページの国際化を支持する。そして、アクセント文字をPmWikiの注意のページ名とほとんど完全なカスタム化において現れさせる。大部分のカスタム化はPmWikiでXLPage()機能によって提供される。そして、それはwikiページ(一般的にXLPageという名の、しかし、それはあなたが願う何という名でものありえる)から一組の翻訳変数を積む。

Loading Translation Pages

翻訳ページの実装

Pages for many languages such as French, German, Dutch, and Spanish have already been created and maintained at the pmichaud.com site. You can download an archive of these translations from http://www.pmichaud.com/pub/pmwiki/i18n.tgz. Simply unpack the archive into the directory containing your pmwiki.php installation. The archive contains a number of page files that are placed in your wikilib.d/ directory, and some special scripts for translations that use a character set other than iso-8859-1 (PmWiki's default).

フランス語、ドイツ語、オランダ語とスペイン語のような多くの言語のためのページは、すでに作成されpmichaud.comサイトでサポートされている。あなたは、http://www.pmichaud.com/pub/pmwiki/i18n.tgz.からこれらの翻訳のアーカイブをダウンロードすることができる。単にあなたの「pmwiki.php」を含んでいるディレクトリに、アーカイブを取り出しなさい。アーカイブは、あなたのwikilib.d/ディレクトリに置かれるいくつかのページファイルと等8859-1(PmWikiのデフォルト)以外の文字セットを使う翻訳のための若干の特別なスクリプトを含む。

Once the translation pages are installed, you enable a language by adding a call to XLPage() in your config.php file. For example, to select French language prompts, one would specify

翻訳ページインストールされた後は、あなたは「config.php」ファイル内でXLPage()をコールすることによってその言語を使用可能にする。たとえば、フランスの言語注意を選ぶためには以下のように記述する。

XLPage('fr','PmWikiFr.XLPage');

which says to load the translations for French ('fr') from the page PmWikiFr.XLPage. It's perfectly okay to load multiple pages; so if you want to create your own local translations without changing the ones you got from i18n.tgz, just create another page (see below) and load it on top:

この記述によりページ「PmWikiFr.XLPage」からフランス語(『fr』)の翻訳がロードされる。複数のページをロードすることは全く問題ない;例えば、あなたが「i18n.tgz」の内容を変えることなく、あなた独自のローカル翻訳を作成したいならば、別のページ(下記参照)を作成して、以下のように記述しなさい。:

I had to play with locale settings a bit to get i18n working. Finally I had to set in my XLPageLocal
instead of distributed

If your intention is to offer multiple languages on your site, and use Wiki Groups? as language selectors, you may want to place this code in local customizations files (see PerGroupCustomizations?). For example, if your site is published in French and English, and the French pages are in a group called Fr, you could create a file named Fr.php in the local/ directory which contains:

あなたがサイト上で複数言語を提供し、Wiki Groups?を言語セレクターとして使おうと考えているならば、あなたはローカルカスタム化ファイルの中にこのコードを記述したいと思うだろう(PerGroupCustomizations?参照)。たとえば、あなたのサイトがフランス語と英語で書かれ、そして、フランス語のページはFrと呼ばれるグループ中にあるならば、あなたはlocal/ディレクトリでFr.phpという名のファイルを作成することができた、そしてそれは以下のように記述される:

''You may wish to create a page called PmwikiFr.php with the same content to access the French documentation in the PmwikiFr group. En.php is not necessary in this case since English is the default language.''

あなたは、『PmwikiFrグループでフランスのドキュメンテーションにアクセスする同じ内容によるPmwikiFr.phpと呼ばれているページを作成したいかもしれない。 このケースでは、英語がデフォルト言語であるから、En.phpは必要ない。

An alternative to the above would be to add to config.php the following, which tests if there is an XLPage in a group, and if it finds one it gets loaded:

With this method you would need to copy any relevant XLPage into any group which needs the different language support.

この方法では、あなたは異なる言語をサポートすべきどのグループに対しても、対応する「XLPage」をコピーする必要がある。

Creating New Translations

新しい翻訳設定を作る

If language pages don't exist for your desired language, it's easy to create one! An XLPage translation file simply contains lines of the form

もし望む言語がない場合は、作成は簡単です。「XLPage」翻訳ファイルはシンプルな以下の形式の行で構成されています。

'phrase' => 'translated phrase',

where "phrase" is an internationalized phrase (denoted by ...) in PmWiki's $...Fmt variables, and "translated phrase" is what should be printed in your particular language. For example, the line (in PmWikiFr.XLPage)

"phrase"部分はPmWikiの$...フォーマットの変数であり、 "translated phrase"が、目的の言語に訳した言葉を記述する。 前述のフランス語版を例に取れば (in PmWikiFr.XLPage)

'SearchWiki' => 'Rechercher',

converts "SearchWiki" to "Rechercher" on output. The file PmWiki:XLPageTemplate is a good starting point for creating a new XLPage and has most of PmWiki's key phrases already listed in it. Note that the translation mechanism only converts phrases that have been listed as translatable in $...Fmt strings--it won't translate things that appear in wiki markup.

と書くと、"SearchWiki" 部分は "Rechercher"と表示される。ファイルPmWiki:XLPageTemplateは新しく「XLPage」をつくる際のよいお手本になるだろう。ここにはPmWikiのキーフレーズの大部分がリストされている。ただしこのしくみは、$...形式の変数を指定フレーズに変換するだけである点に注意しなさい−それは、wikiマークアップ中に現れるものは翻訳しません。

If you create new versions of PmWiki pages in other languages, please consider adding them to the main PmWiki site so that they can be made available to others in the i18n.tgz archive!

もしあなたが他言語のPmWikiページの新しい版を作成したならば、main PmWiki site?にそれを加えて頂きたい。そうすれば他の人が利用できるように「i18n.tgz」アーカイブに入れることができる!

The term "i18n" is commonly used as an abbreviation for the English word "internationalization". The abbreviation is derived from the fact that there are 18 letters between the "i" and the final "n" and few people want to type them all out.

Tools for PmWiki Localization

You can help to localize PmWiki in your language in the original site:

<< | DocumentationIndex? | >>